フリーエンジニアに必要な将来への心構え

IT業界において最先端のシステム開発を行っていくためには、国際競争に打ち勝つためのスピードが必要です。そのため、それを担う中心的な役割を果たすエンジニアはその専門的知識や技術力の他に体力が要求されるのです。
こういった理由があり、年齢を重ねるにつれて最前線では体力的に戦力不足となってしまい、システムエンジニアとしての道から引退せざるを得なくなることも少なくありません。

これはフリーエンジニアについても同様のことが言えると思います。
請負の仕事をしている場合にはシステムエンジニアとしての仕事に加えて、クライアントに対するヒアリングやプログラミングまでを全て独力で行わなければならず、それに必要なエネルギーは企業に勤めている場合を凌駕しうるものです。
また、受託の仕事をしている場合においては企業に勤めているのと同じスピード感が必須になり、必要とされる体力も同程度になります。
このため、フリーエンジニアの場合は引退のタイミングが同じか、むしろ早まりがちだといえるでしょう。

引退した後の道は、コンサルタントやプロジェクトマネージャーとしての道を模索したり、企業を立ち上げたりして、現場を統括するリーダーとして働くのが王道となっています。そのほか派遣というスタイルをとるのも近年は人気です。(派遣プログラマ参考資料はこちら
ただ、派遣というと不安定なイメージが強く企業に雇用されることを望む人もいますが、どちらもメリット・デメリットがあるので、その点は賛否両論でしょう。

こういった道を歩めるか否かは、フリーエンジニアとして働いているうちに、最前線で働けなくなってきた際の仕事についてよく考え、準備となる活動を行ってきたかという点が大きく影響します。
現在目の前にある仕事を行うだけでなく、将来設計も同時に行うことがフリーで働く際には要求されるのだと言えるでしょう。

Leave a Comment