フリーエンジニアが引退を考える時

フリーエンジニアが引退を考えるタイミング、というのはいくつかあります。
まず、技術的に自分がどんどん置いていかれている、と思ったときです。つまりは、新しい仕事をもらうことが技術的に難しくなったときです。
これはどんな仕事にもいえますが、特に自分の腕のみで仕事を請けるフリーエンジニアには致命的なことと言えます。

もう一つは、すべてのことを自分でやる体力がなくなったときです。何しろ、会社組織として必要なことをすべて自分でやることになっていますから、それが体力や気力的に難しい状態になってきたら、引退を考えるのは仕方のないことだと思います。
コンピュータエンジニア、というのは、技術が日々進化しますから、ついてくことが非常に大変なのです。それが一つのハードルになっているといっても良いでしょう。

ですから、たとえコネや要望があたとしても、仕事を請けるだけの技術を身につけることができなくなったときや、経理、営業などの本業以外のところに物凄く労力がかかるようになったタイミングで、引退を視野に入れることは悪いことではありません。
雇用されているわけではありませんから、基本的には自由にしてよいことです。廃業してもよいですし、再び立ち上げても良いのです。
理由は様々ではありますが、自分が思い通りに行動できることがフリーで働く大きなメリットであるといえます。
但し、最低限、請けた仕事はしっかりとやるべきです。それが社会人として当然のことであり、最低限のマナーであるのには間違いないでしょう。

Leave a Comment