歳を取ってもフリーエンジニアとして働く道

フリーエンジニアとして働く際、年齢の影響を受けてしまうということがネックに考えられてしまいがちです。
20代や30代の頃は仕事の量も多く、エージェントに所属している場合には多くの仕事を紹介してもらうことができますし、求人サイトでも年齢制限に引っかかることなく仕事を受けることができます。
こういった傾向は特にチームに参画するタイプの案件に多く、若くてエネルギーがある人材を取り入れることが重要視されるからです。
そういう仕事をうけられなくなってしまうと引退を考えてしまうのが通常であり、新たな仕事を探して転職することになってしまいます。

しかし、実際には60代になっても老年現役で働き続けている人もいます。そういった引退のない道を歩むことを決意するのも1つの手段です。
そのためには現場で重宝される能力に加えて、人格が重要になります。
たとえ体力的に他の人よりも働くことができなかったとしても、チーム全体の士気を高めたり、作業の効率化ができたりする人材は現場に必要になります。
そういった付加価値をチーム全体に与えられる素養を身につけることで、歳をとっても現場で重宝されるフリーエンジニアとして引退せずに活躍していくことができるのです。

そういった能力は一朝一夕にして身に付くわけではありません。しかし、同じ企業に何度も仕事を請け負いにいくというのはプラスになりうる方法です。
その仕事の中で信頼を獲得していくことで、優秀な人材という認識をしてもらえるからです。

Leave a Comment